2016/03/31

2016年3月31日 - 雄勝

大川地区から釜谷峠を越えて雄勝入りしたドライバーを迎える看板は「日本一の硯のふるさと」で、書道で使う大きな硯を用いている。
タイトルを象徴する施設が「雄勝硯伝統産業会館」(被災し取り壊し、平成29年度中に再建予定)と、字明神一帯の景観。
そこには「雄勝石ギャラリー」「雄勝石の生産工場」「雄勝石絵の工房」などがあり、屋根はもちろん、壁から敷石までを雄勝石で作った民家や倉庫も建っていた。震災前は知ったかぶりでいろいろな人を案内してきた思い出の地だ。

明神塩釜神社の石段を登り、その中ほどから「ギャラリー周辺」を眺めたら、建物の何一つ残っていなかった。震災直後の報道では「流されずに残ったスレートを東京駅の屋根に」や、関係者がきれいに洗う作業の姿などが紹介されていた。
さらに、石巻市の四倉製瓦工業所の手で東京駅の一番目立つドーム状の屋根を雄勝のスレートで葺いたというニュースも、この場にいると次々に浮かんできた。

石巻市の議員だったころの平成17年9月議会の一般質問で、「雄勝石」を取り上げたことがある。600年という歴史の中で培われてきた雄勝石の数々の製品を、広範に活用すべきというのが趣旨だった。
その中で「東京駅の屋根を雄勝石で」や地産地消を推進するために「産学官による雄勝石活用の新しい住宅モデルの開発を」「雄勝石絵をふるさと学習に」「市美術展に雄勝石アートを」など盛りだくさんの提案をしたことも思い出した。
雄勝石の製品は多種多彩。皿など食器類にコースター、ペンダント、プレート…。販路が広がってほしいものだ。


「硯のふるさと」の看板



明神地区に鎮座の「塩釜神社」



その神社石段中ほどから見た雄勝石アートの中心地域一帯






そこにはかつて、「雄勝石ギャラリー」も



そこで製造のスレートは東京駅のドーム付近の屋根に葺かれた

0 件のコメント:

コメントを投稿