2016/07/09

被災地からのミニ報告90 - 石巻市 釜、大街道 | 2016年7月9日

大震災直後、仙台方面から石巻市街地に入るすべての道路が冠水し、車両は入れなかった。大街道新橋も周辺が陥没し、通行不能となった。5年たって、新しい橋に架け変えられ、国道が走る大街道は元の姿に戻った。沿線には新たにホテルができるなど、震災の爪痕を消している。

 もう一つの「釡・大街道」の顔である石巻工業港も、日本製紙石巻工場の操業再開に好連鎖して多くが元の姿に戻っている。平成27年度の港湾取り扱い貨物量は351万6000トンで、震災前の87%まで回復した。その主なものは木材チップ85万5千トン、砂利や砂53万4千トン、石炭41万5千トン、トウモロコシ40万1千トン、動植物性飼肥料24万7千トン。

 しかし、大街道(国道398号線)と工業港に挟まれた地域の復興はこれからである。そこは川村孫兵衛や細谷十太夫の功績という輝かしい歴史を持つものの、高度経済成長の波に乗って昭和40年代半ば以降から急激に宅地化された区域。大震災では、海辺に近いところは甚大な被害を受け、広大な原っぱになった。

 その地域で、復興のつち音がわずかに聞こえる地域は「下釜第一」で展開している土地区画整理事業。三ツ股2~4丁目、築山1~4丁目の区域で、都市計画道路の工業港曽波神線(普誓寺のある大きな道路)の東側約12ヘクタール。ビル型の復興公営住宅も数棟建設中で、街路の区画が始まっている。計画区域の南側は高盛土の門脇流留線だが、こちらの工事は見えない。

石巻工業港は昭和36年11月に着工。それから6年後の同43年3月、待望の第一船「越後丸」(6250トン)が木材を満載して入港した。港は当時未完成で、砂浜が残る港に大勢の人が押し寄せ、第一船入港を歓迎した。入社3年目の新米記者として、その光景を先輩記者と一緒に見届けた。赤字再建団体という苦しい財政の中で、当時の市長が言った「苦しいときに基礎がつくられる」がいまだに忘れられない。


大震災直後大街道は冠水し、国道に面した店も津波の被害を受けていた。



かけ替えられた大街道新橋。



歩道橋の上から石巻の市街地望む。



歩道橋の上から東松島方面を望む。



ホテルもオープン。



工業港に近い場所は原っぱに。



こちらも広大な原っぱに。



工業港も順調に回復へ。



復興公営住宅も建ち始める。



新しい街の姿が看板に。


0 件のコメント:

コメントを投稿