2016/08/07

被災地からのミニ報告91 - 東松島市宮戸 | 2016年7月13日

東日本大震災で被災した東松島市宮戸地区の月浜海水浴場が17日から、6年ぶりに本格的に営業を再開する。すでに砂浜周辺の清掃も行き届き、護岸工事も間もなく完工の運び。駐車場となる広場には白いラインが引かれ、「海の家」などの開業準備も進んでいる。営業期間は、荒天時を除き、17日から8月21日までの毎日。午前9時から午後3時までオープンとなる。

 月浜は野蒜と比べれば規模は小さいが、遠浅で波が静かな海水浴場として人気があった。大震災で、砂浜には大量の瓦礫が散乱したが、2013,4年に浜の人たちの努力で日曜日限定の営業を始めた。昨年は護岸工事のために開かれなかったが、工事もほぼ終わり、今年から本格的な海水浴場としてよみがえることになった。

 民間の休憩所も準備を整え、「お休み処」にテーブルが用意されたり、被災と復興の様子をミニパネルにして掲示し、土産物も並べていた。海水浴場は地区の住民が運営し、監視員や駐車場の管理も行う。駐車場利用者には600円の協力費を求めるという。ほかに個人の駐車場もある。

 奥松島産業振興協議会は期間中、月浜海水浴場ほかで「交流ふれあい事業」を計画している。その一回目が23日(土)午前10時から、2回目が30日(土)午前10時から。それぞれ募集人員は80人。海水浴場の清掃活動と漁業体験などを行う。参加費は無料。問い合わせは090-5235-9331(小野さん)へ。申し込みのFAXは0225-88-2175へ。
 石巻地方の海水浴場は網地島の白浜が16日から8月21日まで、月浜と同じように本格営業するため、15日に海開きの神事を行う。雄勝の波板では「砂遊び」が同期間できる。北上地区の白浜くとでは30と31日に海開きのイベントを開くことにしている。


きれいな砂浜がよみがえった東松島市宮戸の月浜海水浴場



コンテナに描かれた月浜の夏がもどってくる



2013年日曜日限定で開かれた月浜の海開き。海水浴を待ち望んでいた人でいっぱいだった。



公営の休憩所



公設のトイレも完成した



駐車場には白いラインも引かれ、受け入れ準備万端



民間の「おやすみ処」も受け入れ準備整う



シャワーも使えます



浜では「ホタテの練炭焼き」も



近くの定置網に入ったヒガンフグのから揚げの提供もあるかも



土産品には地場産の「ノリ」も



護岸工事が急ピッチで進む